価格で絞る

 – 

  • 1800
  • 7650
内容量で絞る
在庫あり

カマタリ-Mocha Mattari -

モカマタリ

コーヒー伝説となった魅惑のイエメンの甘い薫り。

幸福の大地"イエメン"

コーヒー

砂漠を越えて吹きつける熱い風をシュワイブ山(3660m)を最高峰とする南北に走る山脈がさえぎり、山々の裾野に雨をもたらしていたことからアラビア半島の中でもここだけは緑に恵まれ、その昔「幸福のアラビア」と呼ばれました。

少ない雨量と農地に適した土地がわずかしか無いため、農民たちは標高1000m~3000mの急な山の斜面を親子代々300年営々と開墾し見事な段々畑を作りあげました。

甘美な白く甘い薫りの花が咲き誇ります。

1月~4月雨にあわせて香水の様な香りをあたりに漂わせて白い花が開き、乾季には干上がった川床に穴を掘って水を汲み上げ、10月から12月赤い実を一粒一粒大切に摘み取ります。

地面に丹念に小石を敷きつめその上に摘み取った実をならべ天日乾燥します。十分乾燥して黒色になったところで昔ながらの方法使い継がれた古い石臼で脱穀します。
石臼で脱穀しますので豆が割れたり欠けたりしてこれがマタリの特徴となっています。

1628年のとある日、オランダの商船がモカ港に立寄りコーヒーを買い母国に持ち帰ったことから、コーヒーはヨーロッパへそして全世界へと広まりました。

モカ港(Al Makha)からモカの、アラビア半島からアラビカのそれぞれの名前が生まれました。精製方法が昔ながらのため、時には外見がみすぼらしくなったり時には不十分な乾燥のため味が悪くなったり、非常に気難しいコーヒーですが口当たり柔らかく香しくほかに無い独特な味です。

コーヒー伝説となった魅惑のイエメンの甘い薫り。

コーヒーの中で多くの方々が名前を知っている『モカ』。しかしその甘美な味わいを知る人は少なく、多くの方が『モカ』は酸っぱいと認識しています。 『モカ』はすっぱくありません。『モカ』は、良質の甘味と芳醇な味わい、そして、花の香りやワインの香りなど称えられるほどの芳醇なアロマです。 粗悪なモカや、古く酸化したモカの影響で、モカの旨みが勘違いされている昨今、モカの美味しさをぜひ、試してください。

モカマタリの中でも最高級に位置する、こちらのコーヒーは、【浅煎り】でも【深煎り】でも、お客様のさまざまなお好みに応じて、美味しくお召し上がりいただけます。また、酸味に関しても、嫌な酸味ではなく、フルーティーを表現する酸味となっておりますので、こちらのコーヒーでは酸味=甘味で捉えてくださいませ。

モカマタリ
モカマタリ
薫り ★★★★☆
コク ★★★☆☆
酸味 ★★★☆☆
苦味 ★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

ピックアップ商品 ピックアップ商品